カテゴリー: Mobile

今週のwatch face #pebbletime

週末にお亡くなりになったと思っていたPebble timeが復活。充電端子の接点が悪くて充電がうまくできてなかったという、初歩的な問題でした。

で、気分一新、watchfaceを変更。

『LED INFO WATCH』です。
天気/歩数/バッテリーが上部に表示。時間表示は、ドットマトリクス風のデジタルです。時間表示部分は、文字の大きさも結構あるので良いですね。それに比べて、天気等の表示は、文字の大きさが小さく視認性にかけます。まあ、普段使いなら気にはならないかな。

via PressSync

#Blackberryjp #Keyone でDisplay Sizeを変えてみた。

ココでKEYoneでIngressをすると画面サイズが特殊なので下の方が欠けるとお伝えしました。するとTwitterで@reala720さんから、『比率は変えられないのでしょうか?』とMention頂いたので調べてみました。

設定に行くと『Display Size』と言うのがありました。

Defaultは、こんな感じの表示だったので

Smallに変更すると、表示範囲が広くなりました。

この状態でIngressを確認してみると下が切れずに表示できました。reala720さん、ありがとうございました。

via PressSync

#Blackberryjp #KEYone の便利キーに『Pull Down Status Bar』を設定してみた。

ココで紹介されていたので設定してみた。KEYoneは、キーボードがあるのでなるべく画面タッチでの操作を減らしたいのですが、Androidの通知は、画面上部から下にスワイプしてみるUIです。キーボードと反対側の端っこから操作しないといけないんですよね。

で、表題のアプリを導入。便利キーに割り当てる時の候補名が『Show Notification』になっていて、『見つからん!』と思いました。

設定してみると非常に便利です。

via PressSync

#Blackberryjp #KEYone に保護フィルムを貼ってみた

BBB_Kuroさんがココで紹介していたミヤビックスさんの保護フィルムOverLay Brilliantを購入しました。

内容物は、保護フィルムのみ

貼る前にKEYoneと比べてみました。

フラットな部分に対して、ほぼ同じ大きさなので位置が大事そうですね。

ちょっと、左に寄ってしまって少し浮き気味になりましたが、まあ良しとしましょう。

via PressSync

#Blackberryjp #DTEK50 からSIMを無事救出

KEYoneを本格運用しようと、DTEK50に入れていたSIMを取ろうとしたらSIMトレーが、なんと開かない!

焦りました。
どれだけ、開ける工具のピンを押しても開かない。
ピンも曲がるくらい押しても開かない。

分解して救出も考えましたが、冷静になって、まずは電源を切って温度を下げてみました。

開かない原因は、SIMカッターでnanoSIMにした際のバリと推測していたので、冷えると膨張がマシにならんかなぁと。

会社から帰って、再挑戦!ピンをさすと一部が出てきましたが、まだトレーは、取れず。とりあえずできた隙間に工具をねじ込んで、グリグリこじってなんとか救出。

壊す羽目にならなくてよかった。

via PressSync