カテゴリー: Camera

Endurance Ext (カメラバッグ)がやってきた

カメラバッグが使いやすくなったら、もっと持ち歩くかな?と思って買ってみました。今までのバッグは、カメラバッグと言いながらも間口が狭くカメラを取り出す際にも金属製のチャックが当たる始末。使いやすさで色々調べてコレを選びました。

詳細は、また時間作って書きたい…。かけるかな?と思ってますがかなり気に入りました。

via PressSync

保護ガラスをつけてみた! #CanonEOS80D

Amazonで保護ガラスを買ってみました。

旭硝子の材料を使っているとの表示が。でも、ドラゴントレイルではないのかな?

ガラスとクリーナー(ウェット・ドライ)、ガイドステッカーとか入ってます。

80Dは、タッチスイッチ部がバスタブ構造になっているので、左上にガラスを合わせると左・下にこれくらいの隙間ができるので貼るときにはうまくセンタリングしないとな。

付属のガイドステッカーを使って位置決め。

結構うまく貼れました。
via PressSync

やっと箱から出せた1 #CanonEOS80D

いつもの様に分厚い説明書。私は困った時に読む派なので今は箱に逆戻り。

今回も40Dの時と同じくレンズセットを購入。本体のみを買っても良かったんですがレンズの金額を考えてもお得な気がしたので。最悪、レンズだけ売れば良いかな?と。

手持ちのレンズとかぶるんですよね。でも、新しいのはやっぱり嬉しいので使ってあげようと思います。

via PressSync

Canon PowerShot G9X Mark II がやってきた!

久しぶりにコンデジを購入しました。Nikonに浮気してしまったんですが、再びCanonに戻ってきました。

箱の絵は、シルバーモデルなんですが購入したのは黒!

主な内容物は、こんな感じ。これ以外に取説とかが入ってました!(あっ、バッテリーは、本体に入れちゃってます)

ストラップホールは、こんな感じの物が左右にあります。

f値は、広角側でf2.0。今迄のNikonのf1.8でしたが、それほど気にならないと思います。それよりも『センサー』、『DIGIC7』等、画像処理能力が向上してそうなので綺麗に撮れそうです。

背面のDISPLAYは、タッチパネル付き。タッチパネルで操作する機種は、初めてなので何か変な気がしますが、慣れなんでしょうね。

via PressSync

GN8.0をEOS 40Dの外部モニターにしてみた。

手持ちの一眼は、Canon EOS 40Dなんです。
子供が生まれた頃に買ったのでかなり古いモデルなんで、ライブビュー液晶の解像度が低くて撮れた画像の確認が辛い。あとで写真を確認したら、『ピンボケだ〜』って事もしばしば。でも、仕様頻度を考えると『買い替えもなぁ〜』と思ってしまい困っていた所、ここを見てGN8.0でもできるんだろうなと必要なコードと有料のAndroidアプリを購入。接続したらGN8.0が40Dを認識。
これで、撮った写真の確認や、リモート撮影ができるようになったので、何か撮りに行こうと思います。

via PressSync

Eye-FiがNIKON P310に対応!

2013_10_26

Nikon P310は、Eye-Fiカードとの相性が悪くて、撮影した画像が壊れたりすることがありました。代案としてPQi Airでの運用もしましたが私の使い方には何か合っていませんでした。Eye-Fiは、撮影後にクラウド上へ自動Upする設定にしているので他のデバイスから撮影した写真を使いやすいのです。でも、撮影した画像が壊れるのは、流石にこまるので泣く泣くあきらめていたのですが、ふとEye-FiのページをみるとファームのVer.Upで『正式にP310に対応』との説明が…。早速、ファームを更新してP310に入れて使っていますが、今の所は画像が壊れることもなくうまくいっているようです。これでP310の使用頻度も上がるかな…。

via PressSync

PQi Air Cardを便利にしたい

NIKON COOLPIX P310でEye-Fiが使えない事から購入したPQi Air Cardですが困った事があります。Eye-Fiでは、撮影した写真をポータブルWifi経由でクラウドに自動Upしていました。ですので手持ちの各機器からクラウドへアクセスすることでどの機器からも画像が入手できていました。

でも、PQi Air Cardには自動アップロードの機能がついていません。その為、撮影した写真にアクセスする為には、面倒くさいのですが下記の手順を踏むことになります。

1:カメラの電源をON→暫く待つとPQiのWifi機能がON
2:接続元の機器のWifi接続先をPQiに変更。
3:アプリorブラウザでPQiにアクセスし画像をDL

となります。この際、接続元の機器がWifi経由でネット接続している場合、作業2でWifi接続先をPQiに変更することで外部との接続が遮断されてしまいます。色々調べてみるとやはり同じ課題を持った人がいるようでこことかを参考にやってみたのですがうまく動いていないようです。TwitterにMentionで飛んでくるはずの情報が飛んでこない。どこが悪いのかも良くわかりません。ちょっと時間をとって調べて見たいと思います。でも、自分の使い方ならEye-Fiが合っていそうなので対応してくれると嬉しいんだけどなぁ。

via PressSync