deuter Switch Bag

通勤用のカバンがへたってきたので、新しくカバンを購入しました。今まで、ポーターの3wayを使っていました。普段、PCは持ち歩かないんですが、手持ちや肩掛けタイプだと、すぐに肩が凝るタイプなので、背負えるカバンで出張時には、それなりに社会人ぽく見えるカバンと言うのが選択基準です。で、今回選んだのが、deuterのSwitch Bagです。

今までの、ポーターのやつも悪くはなかったのですが、どちらかと言うと、基本は、手持ち、肩掛け時の

deuterのマークもしっかりついてます。

カバンの下のところには反射シールが。夜間も自動車とかから目立つので安心です。カバン自体の色を黒にしたので、こういう所は重要です。

これが裏面。(deuterマークのある面の裏なので勝手に裏面にしました)普通な感じですが…

ジッパーを開けるとリュックスタイルの時のベルトが出てきます。

このベルトが今までの3WAYのカバンと比較してしっかりした作りで手持ちや肩掛けの状態での持ちやすさよりもリュック状態の使用感を優先しているのかもしれません。 また、リュック状態での使用時に触れている背中が蒸れないような構造も採用しています。

このベルトを普段覆っているカバーですが、ちゃんと収納する場所もあります。最初、『ないな、ないな』と思っていたんですが、マジックテープのちょっと下の部分にありました。リュック状態で使用するのがメインの私には非常にうれしい限りです。

収納するとこんな感じで、見た目もすっきり。よい感じです。

ベルトには、ちゃんと胸の前あたりで左右をつなげる事ができる構造になっています。(この部分ってなんていうんだろ?)

収納部分は、こんな感じ。ロゴの下の部分には、黄色の落下防止コードもついているジッパー付きの収納部分。カバンの四角形状に対して斜めについているのは、横使いと縦使いの状態のどちらでもなるべく使いやすいようにとの配慮ですかね。

横には文庫本も収納可能なジッパー付きの収納があります。分かりにくいですが、その中に鍵や小銭等を収納できそうなジッパー付き収納があります。

メインの収納は、2つに分かれていて、背負った際に体に近くなる方にPCやTabletを収納できる収納がついています。保護用のパッドも結構しっかりしています。しばらく使って、また使用感をUpしてみたいと思います。

via PressSync

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中