サイクルコンピュータ


最近、休日朝にPotteringを始めたんですが速度とか走行距離とか知っておきたくて購入しました。


無線タイプでは、ベーシックな機能しか入っていないタイプです。


この発信器をフロントフォークに取り付けて


で、こっちの磁石を前輪のスポークに取り付けます。前輪が一回回ると発信器が磁石を検出して回転を判断する仕組みですね。最初、受信器をフロントフォークの下の方につけていたので本体との距離が遠く無線通信が安定していませんでした。その結果、速度表示がおかしかったのですが、フロントフォークの上の方に付け直した結果、正しい速度が出るようになりました。

via PressSync

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中